KIYOねえのニューヨーク生活

いつかNYで暮らしたい!そんなハッピーな願いが叶うよう楽しみ方お届けしまぁす!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 素敵な出会いをありがとう。。。 | main | ユニクロ広告イエローキャブに現る!しかも日本語。inNY >>

『ザ・ドラウズィー・シャペロン』ドラマデスク賞受賞作品でござんす。inブライアント・パーク

ニューヨーク マンハッタン 7/21(金)

『ザ・ドラウズィー・シャペロン』がブライアント・パークにやってきました。今年2006年のドラマデスク賞の最優秀作品賞であります。
トニー賞では、
最優秀ミュージカル助演女優賞
ベス・リーヴェル
最優秀ミュージカル脚本賞
ボブ・マーティンとドン・マッケラー
最優秀オリジナル・スコア(作曲/作詞)
作詞・作曲:リサ・ラムバート&グレグ・モリソン
などの受賞があり、今年彗星のごとく現れて、2006年度会場の笑いを一番さらったミュージカルがこちら!『ザ・ドラウズィー・シャペロン』でございますぅ。2002年にトニー賞の『モダン・ミリー』で最優秀主演女優賞を受賞したサットン・フォスターが見事な歌声にダンスを披露しており、現在のブロードウェイの若手女優の先頭を歩いているサットン・フォスターを見ずしてブロードウェイを語るな!なんつって、かなぁり個人的趣味かもしれませんが、それはそれは素晴らしい女優さんなのであります。。。
で、物語はというと…。

マン・イン・チェアと呼ばれている、それはそれはミュージカルお宅、ミュージカル中毒の男が3時間を越えるミュージカルは嫌いだ!とミュージカルについてあれこれ語るところから始まります。(このミュージカルはノンストップの1時間45分)
彼のお気に入りのレコード盤に針を落とすと、いきなり1928年の『ザ・ドラウズィー・シャペロン』の世界へと舞台が変りますぅ。

ブロードウェイの大人気女優のジャネット(Sutton Fosterですが、この日はAngela Pupelloが演じましたです)は結婚してこの世界から引退したぁい!と考えているのですが、その結婚したい相手は、偶然の出会いで恋をしてしまい実は彼の考えていることがわかっているわけもなく、その結婚相手ジョージの愛情を確かめようと、ジャネットはある作戦をたてるわけであります。ジャネットはジョージに目隠しをし、自分であることを隠し話しかけます。「私はフランス人でミミっていうの」とジョージにキスをせがむのでした。ジャネットとの結婚式を控えているジョージは頭ではいけないと知りつつ、ミミ(ジャネット扮する)とキスをしてしまうジョージ。ジャネットはかなぁりピュアが入っておりまして、ミミ=ジャネットですから、ジャネットは許せるわけもなく…。

一方、ジャネットが引退をされたら困るのがプロデューサー。
あの手この手を画策します。
この舞台に投資をしたギャングへの返金もしなければならなくなるし、ジャネットが結婚をして引退してしまったら、自分の生活も一片に困ることになるわけです。
なんとか阻止せねば!

舞台の進行の間中、このマン・イン・チェアがウロウロ中にまじってはあれこれ語ります。
トニー賞では13部門にノミネートされ、会場は爆笑の渦のミュージカル。

Man in Chair.Bob MartinJanet Van De Graaff
マン・イン・チェアの登場!そして、こちらはジャネット。
サットン・フォスターではなくて個人的にはかなぁり残念。でも、アンダースタディーの女優さんだってブロードウェイは実力者揃いですから^^。

The Drowsy Chaperone&Man in Chai Kecia. Lewis-Evans&Fancy Dress
マン・イン・チェアーは物語の進行中どんどん入り込んで舞台をストップさせ自分のコメントを言いまくりますですぅ。が、これが場内爆笑になる…英語がわからないと厳しいでしゅ。けれど、セットは大幅に変るようには出来ておらず、マン・イン・チェアーのお部屋で『ザ・ドラウズィー・シャペロン』のミュージカルが始まるという流れなので土台はずっと彼のお部屋の中なのです。それでも、こまごまとベッドが壁に入り込んだり、ソファーを持ち込んだり移動がなされ、お部屋であることを感じさせずに『ザ・ドラウズィー・シャペロン』の古きミュージカルを見れるというセットチェンジ。
衣装はジャネットが次々と早替えをしたり、豪華衣装で楽しませてくれ、ダンスも歌も実力者揃いの素晴らしいミュージカルなので視覚的にも楽しめる作品ですぞ!インターミッションなしの1時間45分。会場の笑いについていけなくても大丈夫!見どころは沢山ありますです。が、あらすじを知っていれば尚楽し^^。
オープニングNoは♪Fancy Dress♪
キャスト全員が順々に登場し歌います。

The Drowsy Chaperone.Kecia. Lewis-Evans1The Drowsy Chaperone.Kecia. Lewis-Evans2byebye
そして『ザ・ドラウズィー・シャペロン』のミュージカルのドラウズィー・シャペロンBeth Leavelこれでもか!という声量を披露してくださいました。しかも、めちゃユニークなキャラなのでその歌う喋る姿を見ているだけでもついつい笑ってしまうというキャラ。
♪As We Stumble Along♪

The Drowsy Chaperone&AldolhoThe Drowsy Chaperone&Aldolho2
ドラウズィー・シャペロンとAldolpho(Danny Burstein)。
この二人を観ているとこのミュージカルはコメディーでしょう〜。と言いたくなる(^^ゞ。
♪I Am Aldolpho♪

Gangster1Gangster2
そして、ギャングスター!この方々とっても小柄でらっしゃるのですが、チョコマカ動く姿がまた楽しいのであります。
♪Toledo Surprize♪

companycompany2
Company3
この狂喜乱舞状態の皆様。この写真の数々ご覧になっていると殆ど喜劇ですよね。ブロードウェイのマークは喜劇と悲劇の顔が必ず描かれてますが、まさしく喜劇!と私は言いたいぃ〜。
♪As We Stumble Along♪

Bob Martin&Kiyoneeマン・イン・チェア演じるBob Maetinは気さくなお兄様でございました。でも、、それにしても、ブロードウェイの役者さんはファンを大事にしますよねぇ。サインを求める人写真を求める人が全部終わるまで相手をしてくださいます。彼もそんな一人でした^^。舞台に出ている方は役者、オーケストラ、スタッフ(アッシャーまでを含めて)、そしてオーディエンスと全てが揃って成り立っていることをよぉくご存知なんですよね。


いやぁ〜来週から帰国しますが、昨日の分はまたおいおい全部ご紹介しますねぇ〜。なんか最近ブロードウェイの事を書いてもクリックしてくださっているのを感じ、かなぁり嬉しい日々ですぅ。ブライアント・パークでKIYOねえブログ楽しみに見てますって声をかけてくださった方々、ありがとうございますぅ。来週からブライアント・パークinブロードウェイ見れないのが残念ですが、日本でもあちこちから更新しますのでまたKIYOねえブログに遊びに来てくださいねぇ。

今日はリンカンセンターフェスティバル2006の中のSaburo Teshigawaraの公演『Bones in Pages』観て来ますぅ。帰国寸前まで…アワアワしてそうですが、楽しみな週末です。ではでは。
2005NYブロードウエイ&エンタメ情報 | permalink | comments(4) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ひょんなきっかけで出会ったKIYOねえのブログ。人として大切な事を沢山沢山教えて頂きました。その行動力優しさに感動の山です。少しでも近づきたいなって。いいなKIYOねえって
MIKI | 2006/07/23 10:10 AM
MIKI様

いらっしゃいませ。。。そんなそんな…。
その日その日感じたこと思ったことをカキコしているだけで…(^^ゞ。
ただ、伊代ちゃんのバックで踊っていた時に既に日本全国の都道府県に全て行ったという経験を考えると本当に多くの方々との出会いと別れがあり、普通では考えられないような方々から直接お話を聞けたりと私自身が多くのことを学ばせて頂きました。が、まだまだ未熟なところばかりです…。
いろいろな方から多くの刺激を受け、素敵なお言葉やヒントを頂き、頑張れてきたことをいつか本に出来たらいいなぁって思いながらいるところです。
MIKIさんにとって少しヒントになるような部分があったのだとしたら、本当に嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。こちらこそ、大きな励みになりました。ありがとうございますぅ。また、いらしてくださいね。お待ち申し上げております^^。
KIYOねえ | 2006/07/23 12:37 PM
いつも楽しく拝見してます。
ブロードウェイ情報はこちらのブログで収集しているようなものです(笑)
9月10月とNY滞在が決まりましたので、ブロードウェイを満喫したいと思います。
私もブライアントパーク、めちゃくちゃ好きな場所なんです!だから今年のブライアント・パークinブロードウェイを見れないのが残念でなりません。これからも楽しいブログ、楽しみにしていますっ!
jjmn | 2006/07/23 9:12 PM
jjmn様

初めまして!コメントありがとうございますぅ。ブロードウェイの事参考にしていただけて嬉しいですぅ。9月10月のご滞在ですか。9月18日から『コーラス・ライン』のプレビューが始まります。『メリー・ポピンズ』は10月14日からプレビュー、ついでに『レ・ミゼラブル』が10月21日からプレビュー。プレビューはオープンとは異なりまして、試演という感じですが、プレビュー中に手直しが行われオープンにこぎつけます。とはいいましても十分楽しめますので、是非是非ご覧になってくださいねぇ(日程が合えばよいのですが)。9月10日(日)はタイムズ・スクエアでブロードウェイ・オン・ブロードウェイ(毎年恒例のお祭りでオン・ブロードウェイの殆どのミュージカル作品の代表者が歌ってくれます)がありますよ^^ん。また、お待ちしておりまぁす!
KIYOねえ | 2006/07/23 9:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://broadcast.jugem.jp/trackback/719
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/02/22 7:11 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/02/23 8:32 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/03/03 10:33 AM