KIYOねえのニューヨーク生活

いつかNYで暮らしたい!そんなハッピーな願いが叶うよう楽しみ方お届けしまぁす!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ロックフェラーセンターも夏の準備 | main | 海老粥4.50ドルのおいしいお店「大旺飯店」inチャイナタウン >>

『ライオン・キング』バックステージツアー

実は先日行って参りました、『ライオン・キング』のバックステージツアー!『ライオン・キング』が6月4日で一旦クローズして,
劇場をお引越しして、1月まで『屋根の上のバイオリン弾き』の公演が行われていたミンスコフ劇場での公演が6月13日から始まりますぅ。
あのプライドロックの為にミンスコフ劇場を掘ることが出来たのか、それともミンスコフ劇場はセリの下がもともとプライドロックが入るくらいのスペースがあったのかは現在のところ定かではございませんが、とにかくお引越しするのでありまするぅ。
5.8No3-1-1
で、なんでお引越し?って?それは『メリー・ポピンズ』をディズニーが大勝負をかけて?オン・ブロードウェイに殴りこみ?なのでありますぅ。
大げさ?…でもさ、あの『ライオン・キング』の劇場をお引越ししてまでとなるとかなぁりの投資だと思うわけでありますぅ。楽しみ楽しみ。

5.8No3-2-1
で、今日は何が言いたいのかといいますと!
『ライオン・キング』のバックステージツアーに参加してまいりましたですぅ。ダンシング・ライオネスのマスクを手に持って写真が写せたり、ランドマークに指定されてしまったがゆえに起きた出来事だとか、99年契約で市から劇場を借りて(しかも1年1ドルという計算)大工事の費用をディズニー持ちで行ったなどなどのことやパペット達についての説明だとかいろいろな説明が英語で行われますぅ。で、KIYOねえも参加してきたわけですが、実は英語が全く聞き取れない人でも楽しめるというツアーがありますです。
それはブロードウェイ・クラブのMiyanjoe Yuji氏(宮城佑次氏 ニューヨーク在住23年のブロードウェイの伝道師である演劇評論家)が直接いろいろなお話をして、『ライオン・キング』のバックステージだけでなくブロードウェイの衣装を作っている製作現場やブロードウェイの舞台の上ではかれている靴を作っているダンス・シューズやさんなどのブロードウェイ関係の場所をいろいろ歩きながらレクチャーしてくれるという実は物凄いツアーがございますぅ。ご興味のおありの方は上記のブロードウェイ・クラブをクリックしてお尋ねしてみてくださいな。

5.8No3-2-2とにかくチャンスは6月2日まででございますぅ。
記念の1枚写してみてちょ!
あーっ間に合ってよかったぁ!お引越しした後にミンスコフ劇場ではバックステージツアーはないとのこと。最後のチャンス!ですね。
ではでは。
2006ブロードウェイ&エンタメ情報 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

KIYOねぇさま!
「魔法使いの弟子」は、
今日でランキング参加もおしまいです!
今までありがとうございました!
いつかKIYOねぇさんには、マンハッタンで
お会いしたいです。^^
夏野苺様
ブログお疲れ様でしたぁ。タイタスの撮影(イギリス)がんばってくださいねぇ。お話お伺いしたいですぅ。いつかお会いできるのを楽しみにしております^^。
KIYOねえ | 2006/05/09 9:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://broadcast.jugem.jp/trackback/634
この記事に対するトラックバック